ニコレットガムの禁煙失敗率

ニコレットガムとは薬局や薬店、ドラッグストアなどで販売することが認められている指定第2類衣料品で、禁煙時に発生するイライラや集中力の欠如などの症状を緩和する効果があるものです。
使い方としては吸いたくなった時に噛むだけなので非常に手軽に使用することができます。噛むと製材の中からニコチンが放出されタバコを吸いたいという気持ちを落ち着かせることができるというわけです。
禁煙は意志の力だけでできるものではないという説も広まり、このような禁煙グッズもかなり普及してきました。しかし実際に効果はあるのでしょうか。
実際の実験のデータとしては、特別なくんせリングなどを行わずにニコレットガムのみの使用でどれだけの被験者が禁煙に成功するかというもので、約40パーセントの人が禁煙に、約30%の人が減塩に成功したというものがあります。
つまりこの実験からすると、ニコレットガムは約70%の被験者に何らかの効果があったといえるでしょう。
しかし一方では、パッチ式の禁煙グッズもニコレットガムもあまり効果が見られない、あるいはむしろ依存状態が長引き逆効果だとする意見もあります。
そのような意見を持つ方としては、ニコチンの中途半端がかえって禁煙を妨げるため、本気で禁煙をするなら禁煙外来に行って内服薬を処方してもらう方がよいというものでした。
またニコチンガムよりもパッチ式のものの方が効果があるという意見や、その逆でニコチンガムの方が使いやすいという意見もあります。
禁煙が当たり前となりつつある時代で、様々な禁煙方法が存在します。禁煙失敗率が低いのはどの禁煙方法かというのは、厳密には分からないもののようです。
ですから、様々な方法を試し実際に自分にあったものを見つけ出すのが一番ではないでしょうか。